大阪での脱毛で自信を取り戻す

ムダ毛に悩んだ10代

誰でも体毛は存在をしますしそれは男性だけではなく、女性にも同じように体毛は生えますので、それは女子的には悩みになりやすいものです。
体毛のことで悩みやすかったのは、周りの女子よりも体毛の量が多かったこと、しかも毛質がかなりしっかりとしていて、色白もあって目立ったというのが、女子なのですごいコンプレックスでした。
周りの女の子達の腕や足を見ても、自分みたいに黒くて目立つほどではなく、なぜ自分だけ毛深いのか不思議だったほどです。
ムダ毛に対しての正しい知識などはなかったのが10代だったので、出来るだけ腕の足も隠すようにして、肌の露出するところはとにかく、剃刀を使用してムダ毛を剃るということしか選択肢はありませんでした。
自分の10代の時代にはムダ毛を処理する方法が限られていましたし、エステサロンもクリニックも全くの無縁の世界でありましたし、何よりもムダ毛の本人的に悩める思いを、そうしたサービス施設で解決できると走らなかった時代でもあります。
10代の時代というのはとにかく見た目で判断されて、かなり残酷なようですが見た目の良くない女子は、よほど口が達者で饒舌な人でもない限りは、面白くない思いをしてしまうものです。
ムダ毛の多いということで、周りの視線はいつも気にしていましたし、ムダ毛のことを考えると夏になるのが憂鬱で仕方のないほどにまでなっていたのです。

ムダ毛に悩んだ10代 / 勇気を出してエステサロンの扉を叩いてみることに / 大阪の脱毛サロンでエステをして3年が経過、、、


大阪のクリニックで医療脱毛を受けて肌に自信が持てるようになった

毛深いことに加えて、肌がすごく弱くて、自分なりにケアをしているつもりでも、あまり満足いくほど綺麗にならず、肌に対してかなりのコンプレックスを感じていました。
腕や足などはカミソリを使って処理をしていましたが、丁寧にしたつもりでも、近くで見ると剃り残しがあり、
二、三日でざらざら、ちくちくとした肌触りになってしまうので、ムダ毛の処理をしても洋服で隠す、という感じでした。
脇などは、毛抜きを使いすぎて、毛穴がブツブツと盛り上がって黒くなっているし、ノースリーブなんて絶対に着れませんでした。
袖のない服を着た日には、必ずカーディガンを羽織らなければならず、暑くても腕まくりをして我慢をしていました。
そのうち、カミソリを使った後の肌荒れがひどくなってしまい、肌が赤く腫れたり、猛烈にかゆくなってしまったり、
逆にひりひりして冷やさないといけなかったりで、カミソリを使うことが怖くなってしまい、
肌に優しいと言われていた脱毛クリームを使ってみたのですが、そのクリームにひどくかぶれてしまい、
皮膚科に通う羽目に陥り、ようやく脱毛ケアを受けようと決心したのです。

どうせ受けるなら、より効果が高い医療脱毛を受けたい、という気持ちがあったので、
大阪で通いやすいところにあるクリニックをいくつかピックアップして、口コミ評価も吟味して、自分なりにここだと思えるところに決めました。
受けたい部分はいくつかあったので、スタッフさんとも相談して、全身コースで契約することにしました。
自分で調べた時にも思ったのですが、クリニックであれサロンであれ、受けたい部分をチョイスしてコースを組むよりも、
全身一気に仕上げてもらった方が、断然安上がりになるし、時間が節約できるので、ここまで必要かなと感じる部位もありましたが、思いきって全身で契約しました。
結果的に見るとこれで正解で、想像以上にツルツルの綺麗な肌になれたので、おそらく処理をしていない部位があったら、そのうち気になりだして、再度通院していたと思います。
今は、どこから見られても恥ずかしくなく、自分の肌に自信が持てるようになったので、私に取ってはすごく意味のあるケアだったと思っています。
このクリニックは、脱毛だけを専門に扱っていて、女性のお客さんしかいないので安心です。
全身コースでの契約だったので、色々な特典が設けられていて、剃毛料もキャンセル料も無料というところは、とても助かりました。
自分でカミソリを当てることに恐怖を感じていたので、毎回スタッフさんが綺麗に剃ってくれるので、それだけでも安心できました。

事前に何の準備もしなくて良いのは楽ちんで、たまの施術日に通院すれば良いだけで、どんどん自分の肌が綺麗になっていくので、
毎日お風呂に入る時に見て、触れて、気持ちいいと感激し、意識が高まったからか、ボディの保湿ケアもすごく念入りに行う習慣がつきました。
乾燥した状態だと、施術時に痛みが強くなるといわれていたし、最悪受けられないこともあると聞いていたので、保湿ケアは徹底して行うようになりました。
医療脱毛は強い痛みがあるというところは、最大の問題ではあったのですが、私は何とか我慢できる程度で、どうしても無理な時には麻酔クリームを塗る対策を取っていたので、最後までストレスに感じたことはありませんでした。
一度うなじが赤くなってしまったことがあったのですが、その時には、すぐに先生が診察をしてくれて、
塗り薬を処方してもらったので、以前のようにひりひりが我慢できないといった辛い思いはせずに済み、赤みも翌朝には治まっていました。
こういった処置が無料で受けられるという点も、クリニックのメリットだと思います。